HOME > 愛知万博(愛・地球博)開催

愛知万博(愛・地球博)開催

“自然の叡智”をテーマとし、121カ国4国際機関が参加した。2005年3月25日から同年9月25日までの会期中185日間に2200万人が来場した。愛知県愛知郡長久手町(現:長久手市)・豊田市および同県瀬戸市の2会場で開催された博覧会で、21世紀最初の国際博覧会 (EXPO) であり、国内では大阪万博以来の2回目の総合的なテーマを取り扱う大規模な国際博覧会(General category:旧一般博、現登録博)である。コンパクトで省資源な環境配慮型の会場構成を実現し、会場構成・パビリオン企画の段階から市民が積極的に参加し、ボランティアセンターを設立した会場運営・周辺地域でのサポートを行う等、市民やNGO(非政府組織)やNPOなどが積極的に参加したので、「国際博覧会史上初の市民参加型万博」と言われている。