HOME > アナログ放送終了

アナログ放送終了

2011年7月24日(岩手・宮城・福島の三県は2012年3月31日)にアナログ放送は終了し、テレビはすべてデジタル放送に切り替わった。
石川県珠洲市の全域では2010年7月24日、長崎県対馬市の一部では2011年1月24日、全国より先行して、アナログ停波が実施された。当初は前途地域を除いて2011年7月24日の停波予定であったが東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で甚大な被害が出た被災3県では、アナログ停波が、2012年3月31日に延期された。なお、被災3県を除く44都道府県では当初の予定通り2011年7月24日に停波された。ケーブルテレビ等ではデジアナ変換として、2015年3月31日までアナログテレビで視聴ができる。