HOME > 東京中央電信局開業式に初めて孤光燈(アーク灯)点火

東京中央電信局開業式に初めて孤光燈(アーク灯)点火

1878年(明治11年)3月25日、東京の中央電信局開所式の祝賀会式場において、初めてグローブ電池を用いた白熱孤光燈(アーク灯)の実験が発表された。この実験には工部大学校のエアートン教授が指導の任に当り、藤岡市助、中野初子の両氏が、会衆の前でを点火した。電気燈の噂だけは知っていても、実際に目の当たりにしたのはその時が最初だったので、人々は思わず驚異の眼を瞠ったという。