HOME > 二宮忠八、飛行機の試作

二宮忠八、飛行機の試作

二宮忠八は、1889年(明治22)に陸軍で演習中に鳥の飛ぶのを見て飛行機の研究を志し、ゴム動力による紙製模型飛行機などを試作。日清戦争に従軍中、飛行機の設計図をつけて飛行機研究の重要性を述べた上申書を再三提出したが却下された。そこで独力で発明を完成させるため除隊し製薬会社に入社、やがて自ら製薬会社を設立して社長となり研究を続けたが、1903年のライト兄弟の飛行成功を知り、また自動車事故で重傷を負ったことなどがあり、研究を断念した。1925年、飛行機の考案に対し逓信(ていしん)大臣から表彰を受けた。