HOME > 三島徳七、MK磁石鋼開発

三島徳七、MK磁石鋼開発

MK磁石鋼(MK鋼)は、鉄とニッケル、アルミニウムを主成分とする磁石。1931年に日本の冶金家である三島徳七によって開発された。MKは「Mishima-Kizumi」の頭文字(養家の三島家と、生家の喜住家)に由来する。合金を鋳造した後摂氏600度以上で焼き戻すことで作られる。KS鋼よりも安価で硬く、かつKS鋼の2倍の保磁力を持つ。