HOME > 国連が責任投資原則(PRI)発表

国連が責任投資原則(PRI)発表

責任投資原則(PRI: Principles for Responsible Investment)は、アナン国連事務総長(当時)がニューヨーク証券取引所において公表した投資原則。PRIでは、機関投資家の資金運用の中にESG(環境の問題(Environmental)、社会の問題(Social)、及び企業統治の問題(Corporate Governance)の頭文字をとった略語)への配慮を組み込むことを求めており、6原則から構成されている。この原則の策定には、UNEP FIとグローバルコンパクトが携わった。PRIの公表と同時に各国の年金基金など2兆ドルの資産を擁する33の機関が署名した。