HOME > 第四次環境基本計画

第四次環境基本計画

環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境保全施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、総合的かつ長期的な施策の大綱などを定めるもの。1994年に第一次環境基本計画が策定されて以来、定期的見直しがされており、2012年4月には第四次環境基本計画が閣議決定された。第四次環境基本計画では、環境行政の究極目標である持続可能な社会を、「低炭素」・「循環」・「自然共生」の各分野を統合的に達成することに加え、「安全」がその基盤として確保される社会であると位置づけた。また、持続可能な社会を実現する上で重視すべき方向として、①政策領域の統合による持続可能な社会の構築 ② 国際情勢に的確に対応した戦略をもった取組の強化 ③持続可能な社会の基盤となる国土・自然の維持・形成 ④地域をはじめ様々な場における多様な主体による行動と参画・協働の推進を設定。「社会・経済のグリーン化とグリーン・イノベーションの推進」、「国際情勢に的確に対応した戦略的取組の推進」、「持続可能な社会を実現するための地域づくり・人づくり、基盤整備の推進」のほか9つの優先的に取り組む重点分野を定め、東日本大震災からの復旧・復興に係る施策及び放射性物質による環境汚染対策について取り上げた。

環境省 環境基本計画