HOME > 京都議定書発効

京都議定書発効

1997年に採択され、2005年に発効した京都議定書では、先進国の温室効果ガス排出量について、法的拘束力のある数値目標が各国に対して設定された。また、国際的に協調して、目標を達成するための仕組みとして、排出量取引、クリーン開発メカニズム、共同実施などが導入された。日本の目標は、2008年から2012年の期間で、マイナス6%とされ、先進国全体で少なくとも5%の削減を目指すとされた。これを受け、環境省は京都議定書の目標を達成するための、国民的プロジェクトとして、「チーム・マイナス6%」を発足し、活動を展開した。