HOME > 経済同友会第15回企業白書「市場の進化」と社会的責任を発表

経済同友会第15回企業白書「市場の進化」と社会的責任を発表

第15回企業白書は、「企業の社会的責任」を中心テーマとして、CSRを日本経済・社会の活力再生につながり、企業の持続的な発展を図るための「投資」であると位置づけ、議論の段階から実践の段階に移るべきであると主張している。
同時に同白書中では、「企業評価基準」(第1版)を提唱しており、同評価基準に基づいた評価の実施を会員企業に呼びかけ、CSRを促進するための取組みを推進することを宣言している。