HOME > JIS Z 26000制定

JIS Z 26000制定

JIS Z 26000(社会的責任に関する手引)は国際規格であるISO26000の国内版である。国際規格であるISO26000について国内においても効率的に活用することができるようにしたもので、JISによって全く別の規格がつくられたということではない。「認証規格」ではないが、国際的には認証化や法制化の動きもある。JIS化は、国内において多くの組織が社会的責任について新たに取り組んだり、その取り組みを見直したりするためのツールとして、より活用しやすくすることが目的である。

法務コンシェルジュ