HOME > J-SOX法施行

J-SOX法施行

J-SOX法は米国における企業改革法(Sarbanes-Oxley法)の日本版。相次ぐ会計不祥事やコンプライアンスの欠如の防止などが目的で、上場企業およびその連結子会社は、財務報告に係る内部統制について、その有効性を連結ベースで自ら評価し、評価結果を「内部統制報告書」として外部に向けて報告することが義務づけられた。評価結果の適正性は、公認会計士等が監査することによって担保されるので、企業は従来の財務諸表監査に加え、内部統制監査も受けることとなり、効果的でかつ効率的な監査がなされるよう、同一の公認会計士等が両監査を一体として実施することとされた。