HOME > 株式会社東芝企業情報 > 株式会社東芝企業史
2013
(平成25)
  • 東京・銀座の歌舞伎座が新開場
  • 長嶋茂雄氏と松井秀喜氏に国民栄誉賞
  • 富士山が世界文化遺産に決定
  • 財務省が国の借金が1000兆円突破を発表
  • 2020年夏季五輪・パラリンピックの開催地が東京に決定
  • 経済産業省がメタンハイドレートの試験採取に成功と発表
  • 若田光一さんが国際宇宙ステーションへ。日本人初のISS船長
  • 3次元プリンターの普及活用が進み「3Dプリンター元年」と呼ばれる
  • GRIガイドラインの第4版(G4ガイドライン)が発行
  • 福島第一原発のタンクで300トンの汚染水漏れが判明
  • JR北海道でレール異常放置など不祥事が発覚
  • みずほ銀行が暴力団員らに多額の融資
  • IIRCが国際統合報告フレームワーク(<IR>フレームワーク)を公表
  • 世界初の医療用裸眼3Dディスプレイを商品化
2012
(平成24)
  • ロンドンオリンピック
  • ウェスタン・デジタルに東芝ストレージデバイス・タイ社を譲渡しウェスタン・デジタルからハードディスク製造設備の一部を取得
  • 携帯電話事業を富士通に売却
  • 経済産業省の補助事業「エネルギー管理システム導入促進事業」におけるBEMSアグリゲータに登録される
2011
(平成23)
  • 東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所事故
  • 311
  • 女子サッカー・ワールドカップでなでしこジャパン優勝
  • 野田佳彦内閣誕生
  • マラリア諸島沖でニホンウナギの卵発見
  • 東北新幹線で新型E5系車両の「はやぶさ」運転開始。東京-新青森間3時間10分
  • 京大、iPS細胞の特許を欧米で取得
  • オリンパス損失隠し事件
  • 再生可能エネルギー特別措置法、放射性物質汚染対処特別措置法公布
  • 半導体生産拠点の北九州工場(福岡県北九州市)、子会社の浜岡東芝エレクトロニクス(静岡県御前崎市)、東芝コンポーネンツ(千葉県茂原市)の3工場を2012年9月までに閉鎖し、半導体事業再編を図ることを発表
  • 仏ルーヴル美術館へLED照明器具を設置
2010
(平成22)
  • 上海万国博覧会開催
  • 平成の大合併終了。市町村数は99年度の3232から1727へほぼ半減
  • 菅直人内閣誕生
  • 山崎直子、ISS往復し帰還
  • 野口聡一、宇宙滞在163日で帰還
  • 小惑星探査機「はやぶさ」7年ぶりに地球帰還
  • 鈴木章・根岸英一がノーベル化学賞受賞
  • 名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)開催
  • cop10
  • 住宅用太陽光発電事業に参入すると発表
  • 世界初、専用メガネなしで3D映像を視聴できる液晶テレビ「グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ」を商品化
  • 120年の歴史を誇る白熱電球の製造・販売のうち一般用途向け白熱電球の製造を日本で最初に中止
2009
(平成21)
  • 第44代アメリカ大統領にバラク・フセイン・オバマが就任
  • 民主党・社民党・国民新党三党連立の鳩山由紀夫内閣成立
  • 国際宇宙ステーション(ISS)の日本の船内実験室「きぼう」完成。若田光一4カ月余り滞在し帰還
  • 世界初「Cell Broadband Engine?」搭載高画質液晶テレビ「CELLレグザ」を商品化
2008
(平成20)
  • 北海道洞爺湖サミット開催
  • リーマン・ブラザーズが経営破綻。世界同時株安に
  • iPhone3G国内発売開始
  • 南部陽一郎(米国籍)・増川敏英、小林誠がノーベル物理学賞を、下村脩が化学賞を受賞
  • 労働契約法施行
  • ハンセン病問題の解決の促進に関する法律公布
  • 心臓、脳を1回転で撮影可能なエリアディテクターCT「Aquilion ONE」を商品化
  • HD DVD事業からの撤退を表明、生産規模を縮小し3月末で正式に撤退
  • 子会社の東芝ライテックと共に、2010年を目処に一般白熱電球の製造・販売を中止する予定と発表
  • リーマン・ショック後、財政状態悪化により東芝ビルディング(本社ビル)や梅田スカイビルを所有する東芝不動産を野村不動産ホールディングスに1500億円で売却
2007
(平成19)
  • 新潟県中越沖地震
  • PASMO、首都圏でサービス開始
  • 山中伸弥京大教授、人の皮膚からiPS万能細胞開発に成功
  • ミートホープ事件
  • 船場吉兆事件
  • 銀座東芝ビルを東急不動産に1610億円で売却を発表
  • 21型有機ELディスプレイを開発
2006
(平成18)
  • 第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)開催、日本代表が初代王者に
  • 日立、世界最小0.15ミリ角の集積回路の動作に成功と発表
  • DeNA社、携帯電話向け「モバゲータウン」サービス開始
  • ファイル交換ソフトウィニーによる情報流出続出、政府使用自粛を要請
  • ワンセグ(携帯電話向け地上デジタルテレビ放送)、29都府県で開始
  • ソニー・コンピュータエンタテイメント、プレイステーション3発売
  • 任天堂、新型ゲーム機Wii発売
  • アル・ゴア元米国副大統領の「不都合な真実」
  • ライブドア事件
  • 英BNFLからウェスティングハウスを54億ドル(約6370億円)で買収。原子力発電装置の世界三大メーカーの一つとなる
  • 世界初のHD DVDプレーヤー・HD DVD搭載ハードディスクレコーダーを商品化
  • 世界初のHD DVD-ROMドライブ搭載パソコンを商品化
2005
(平成17)
  • 温室効果ガス削減のための京都議定書発効
  • アップル iTtuneでの音楽配信開始
  • 構造計算書偽装問題(耐震偽装問題)
  • 1分間で80%まで充電できる新型急速充電池を開発
2004
(平成16)
  • アテネオリンピック開催
  • インド洋大津波発生
  • 東京地裁、青色ダイオードの開発者中村修二へ特許権代価200億円のの支払を日亜化学に命令
  • 消費者基本法制定(消費者保護基本法を36年ぶりに改正)
  • 世界最小の0.85形磁気ディスク装置を開発
2003
(平成15)
  • イラク戦争勃発、フセイン政権崩壊
  • 米マイクロソフトと「トロン」提携
  • 日本のCSR経営元年
  • カルタヘナ議定書
  • 大容量2ギガビットNAND型フラッシュメモリを商品化
  • 地上デジタルハイビジョンテレビを商品化
2002
(平成14)
  • W杯サッカー大会日韓合同開催
  • 京都大学再生医科学研究所の人間ES細胞作製が国内初の計画承認
  • 国産ロケットH2A3号機打ち上げ成功
  • 燃料電池車、トヨタとホンダが発売
  • 小柴昌俊(物理学賞)、田中耕一(化学賞)がノーベル賞受賞
  • GRIガイドライン(第2版)公表
  • 牛肉偽装事件
  • 世界初のワイヤレスコントロールを実現したネットワーク家電を発売
  • 世界初の65ナノメートル世代DRAM混載システムLSI技術を開発
2001
(平成13)
  • 米国同時多発テロ勃発、
  • NY世界貿易センタービル崩壊
  • H2Aロケット打ち上げ成功
  • 野依良治、不斉水素化反応の開発でノーベル化学賞受賞
  • 東京近郊でSuicaサービス開始
  • エンロン事件
  • 世界初のHDD&DVDビデオレコーダーを商品化
2000
(平成12)
  • 主要国首脳会議(九州・沖縄サミット)開催
  • コンピュータウィルス「I love you」世界に被害
  • 日本政府がIT戦略会議設置
  • 白川秀樹、導電性高分子の開発と発見でノーベル化学賞受賞
  • BSデジタル放送開始
  • ホンダ、二足歩行ロボットASIMO発表
  • 循環型社会形成促進基本法の成立
  • 三菱自動車リコール隠し事件
  • 消費者契約法公布
  • 創業125周年。登記上本店だった川崎事業所(神奈川県川崎市幸区堀川町)を閉鎖、東芝ビルディングが本店となる
  • BSデジタルハイビジョンテレビを商品化
1999
(平成11)
  • 東海村核燃料工場で臨界事故
  • 初の脳死判定臓器移植実施
  • リニアモーターカー時速552キロ達成
  • 我が国初のエコファンド登場
  • 男女共同参画社会基本法公布
  • 社内カンパニー制採用
  • 東芝クレーマー事件発生
1998
(平成10)
  • 長野オリンピック大会開催
  • 明石海峡大橋開通
  • 平面テレビ「FACE」を商品化、世界初の「MPEG4」画像圧縮伸長LSIを開発
1997
(平成9)
  • 消費税率5%へ引き上げ
  • テレビ東京「ポケットモンスター」の視聴者に全身痙攣などの症状
  • 長野新幹線開業
  • トヨタ・プリウス発売
  • 東京湾アクアライン開通
  • 男女雇用機会均等法の改正
  • 温暖化防止京都会議
  • PHSを内蔵した携帯情報端末「GENIO」を開発・商品化
1996
(平成8)
  • 小選挙区比例代表並立制による初の総選挙実施
  • H2ロケット実用機打ち上げ
  • 環境マネジメントシステムISO14001の発行
  • ミニノートパソコン「Libretto」、DVD-ビデオプレーヤー、DVD-ROMドライブを開発・商品化
1995
(平成7)
  • 阪神・淡路大震災
  • 地下鉄サリン事件
  • 無人深海探査機かいこうマリアナ海溝の海底に到達
  • Windows95日本語版発売
  • 世界初の3原色カラーフィルターを採用したブラウン管「マイクロフィルター管」を開発・商品化
  • 高密度光ディスク「DVD」を開発
1994
(平成6)
  • 松本市で住民がサリン中毒に
  • 新食糧法公布(コメ流通大幅自由化)
  • 高速増殖炉もんじゅ始動
  • ソニー・コンピューター・エンターテイメント、「プレイステーション」発売
  • PL法の成立
  • 気候変動枠組条約発効
  • 高齢者・身体障害者等が円滑に利用できる特定建物の建設の促進に関する法律(ハートビル法)公布
  • 日本環境認証機構設立。日本企業の環境管理・監査を支援
1993
(平成5)
  • 保革55年体制崩壊
  • マイクロソフト「Windows3.1」日本語版発売
  • 短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム労働法)公布
  • 環境基本法施行
  • 「心身障害者対策基本法」を「障害者基本法」に改正・施行
  • ゲート長が0.04ミクロンの世界最小MOSトランジスタを試作
1992
(平成4)
  • 国連平和維持活動(PKO)法案成立
  • 毛利衛の搭乗したスペースシャトル実験成功
  • リオ地球サミットの開催
  • 世界初の16メガビットNAND型EEPROMを開発
  • 塩素系を含むプラスチックの油化技術を開発
1991
(平成3)
  • 湾岸戦争勃発
  • ソ連邦消滅
  • 初の脳死肝移植実施
  • 経団連企業行動憲章の策定
  • 世界初の4メガビットNAND型EEPROMを開発
1990
(平成2)
  • イラク、クウェートへ侵攻
  • 株大暴落、バブル崩壊
  • 東西ドイツ統一
  • 日立、半導体DRAM64メガビット製品の試作成功
  • 経団連1%クラブ設立
  • 「東芝グループ経営理念」および「東芝グループスローガン『人と、地球の、明日のために。』」を制定
1989
(平成元)
  • 昭和天皇崩御、平成に改元
  • 消費税導入
  • べルリンの壁が崩壊
  • 任天堂、小型ゲーム機「ゲームボーイ」発売
  • ブック形パソコン「DynaBook」を開発・商品化
1988
(昭和63)
  • 青函トンネル開業
  • 瀬戸大橋開通
  • コウノトリの人口繁殖に成功
  • リクルート事件
  • 16メガビットダイナミックRAMを開発
1987
(昭和62)
  • 日本国有鉄道民営化、JR7社に分割
  • 日本航空民営化
  • 日米チーム、ニュートリノ検出
  • 利根川進ノーベル医学・生理学賞受賞
  • 東芝機械ココム違反事件発覚
1986
(昭和61)
  • チェルノブイリ原発事故
  • 伊豆大島・三原山、大噴火
  • 東大工学部、高温超電導セラミックス発見
  • ラップトップ形パソコンを開発・商品化
1985
(昭和60)
  • 科学万博つくば’85開幕
  • 日航ジャンボ機が墜落
  • 日本電信電話会社と日本たばこ産業株式会社発足
  • 日本縦貫光ケーブル完成
  • わが国初の高品位TVシステム用の送・受信主要機器を開発
1984
(昭和59)
  • グリコ・森永事件
  • 宇宙開発事業団が日本初の実用放送衛星BS-2a(ゆり2号a)打上げ
  • 御木本幸吉、養殖真珠生産に成功
  • 株式会社東芝に社名変更、後に本社機能を東芝ビルディング(港区芝浦)に統合
  • 世界初のセレクトルーム付き冷蔵庫「優凍生セレクト」発売
1983
(昭和58)
  • 放送大学設置
  • 東京ディズニーランド開園
  • 青函トンネル貫通
1982
(昭和57)
  • 東北・上越新幹線開通
  • 富士通が日本語ワープロ「マイオアシス」発売。価格75万円、初の100万円以下
  • 東北新幹線開業(大宮-盛岡)
  • CD(コンパクトディスク)とDAD(ディジタルオーディオディスク)プレーヤーが発売
  • 東芝が59万8千円という低価格のポータブル型日本語ワープロを発表
  • 上越新幹線開業
  • 超LSI研究所設置・クリーンルーム建設に230億円の設備投資決定
  • わが国初のMRI(磁気共鳴イメージング)装置を開発
1981
(昭和56)
  • スペースシャトル初飛行
  • 東芝が事務用パソコンの販売開始(各社のパソコン競争激化へ)
  • ソニーが写真を撮影するのにフィルムを使わない磁気記録カメラを開発83年に発売と発表(磁気ディスクカメラ)
  • 香川県仁尾町の太陽熱発電実験(サンシャイン計画)開始
  • ノーベル化学賞福井謙一京大教授とR・ホフマン米コーネル大教授に
1980
(昭和55)
  • ソ連のアフガニスタン侵攻
  • イラン・イラク全面戦争
  • CCD(電荷結合素子)を使ったカラービデオカメラを世界で初めて商品化したとソニーが発表
  • 日立、壁掛けテレビを可能にする多結晶シリコン薄膜トランジスタを開発と発表
  • 朝日新聞社東京本社コンピュータ編集システム始動
1979
(昭和54)
  • 第5回先進国首脳会議(東京サミット)開催
  • スイスのバーゼル免疫学研究所の利根川進博士らのグループは免疫グロブリン遺伝子の構造と働きの大筋を解明と発表
  • B型肝炎ワクチン開発(東大・日大)
  • ソニー、ウォークマン発売
  • 英文社名表記を「Tokyo Shibaura Electric Co., Ltd.」から「TOSHIBA CORPORATION」に変更
  • 世界で初めて光ディスク方式の画像情報ファイル装置完成
1978
(昭和53)
  • 成田空港開港
  • 日中平和友好条約調印
  • 新型転換炉原型炉「ふげん」臨界に達する
  • 電電公社が光ファイバーケーブル伝送実験に成功
  • 実験用中形放送衛星「ゆり」打ち上げに成功
  • わが国初の日本語ワードプロセッサ製品化
1977
(昭和52)
  • 王貞治756本の本塁打世界記録樹立
  • 日航機、日本赤軍にハイジャック
  • 初の高速増殖実験炉「常陽」臨界に達する
  • 電電公社、超LSI開発に成功と発表(日本電気、日立製作所、富士通との共同作業の成果)
1976
(昭和51)
  • ロッキード事件
  • 科学技術研究所が世界最強超電導磁石の開発に成功
  • 通産省工業技術院機械技術研究所が電気自動車を技術的に実用化
  • ロッキード事件
1975
(昭和50)
  • 沖縄海洋博覧会開催
  • 新幹線岡山-博多間開通
  • 創業100周年。家電製品で「東芝新世紀シリーズ」を販売
1974
(昭和49)
  • 金権批判で田中角栄内閣総辞職、三木武夫内閣成立
  • カシオ計算機、初の液晶デジタル時計カシオトロン発売
  • 気象庁、地域気象観測網「アメダス」の運用開始
1973
(昭和48)
  • 第4次中東戦争勃発によりオイルショック発生
  • 「全銀データ通信システム」営業開始(日本最大のデータ通信網。更に現金自動支払機が急速に普及
  • 海洋科学技術センターのシートピア居住実験開始
  • 江崎玲於奈氏半導体のトンネル効果実証の功績でノーベル物理学賞受賞
1972
(昭和47)
  • 日中国交正常化
  • 沖縄諸島日本復帰
  • 本田技研、低公害エンジンCVCCを開発
  • ローマクラブ「成長の限界」
  • 国連人間環境会議(ストックホルム会議)
  • 労働安全衛生法公布
  • わが国最大の70万kWタービン発電機完成
  • 世界初のブラックストライプ方式ブラウン管採用のカラーテレビを発売
1971
(昭和46)
  • 米国、ドル防衛策を発表(ドル・ショック)
  • スミソニアン合意成立
  • KDD、日本とハワイとを結ぶ「国際テレビ電話」の通話に成功
  • NHK、参院選挙、開票速報、コンピュータによる全オンライン化実施
  • ラムサール条約(水鳥生息湿地に関する国際条約)
  • 世界初の大幅IC化カラーテレビを発売
1970
(昭和45)
  • 大阪で日本万国博覧会開催
  • 心身障害者対策基本法公布
  • 国民生活センター設立
  • 世界初のカラーテレビ電話を開発
1969
(昭和44)
  • 原子力船むつ進水
  • 米国、アポロ11号が人類初の月面着陸
  • 東名高速道路全通
1968
(昭和43)
  • 国民総生産(GNP)が西独を抜き米に次いで第2位に。
  • 三億円事件
  • 日本最初の心臓移植手術
  • 消費者保護基本法公布
  • わが国最大の100,000ガウス超電導磁石を完成
1967
(昭和42)
  • 東京都知事に美濃部達吉当選
  • ミニスカートの女王・ツイッギー来日
  • KDD、インテルサット2号による日米間の国際商業衛星通信開始
  • 公害対策基本法施行
  • 世界初の郵便物自動処理装置を完成
1966
(昭和41)
  • 中国文化大革命起きる
  • ザ・ビートルズ来日
  • 早川電機(現シャープ)、初の家庭用電子レンジを発売
1965
(昭和40)
  • 米軍の北ベトナム爆撃開始
  • 朝永振一郎、くりこみ理論など量子電磁力学の功績によってノーベル物理学賞を受賞
1964
(昭和39)
  • 東海道新幹線開業
  • 東京オリンピック大会開催
  • 東京モノレール浜松町-羽田空港間開業
  • 東海道新幹線開通
  • image003
  • 世界的規模を誇る東海道新幹線用変電所集中遠方監視制御装置を完成
1963
(昭和38)
  • 吉展ちゃん誘拐殺人事件
  • ケネディ大統領暗殺
  • 黒部川第4発電所完工
  • わが国初の12,500kW原子力用タービン発電機、衛星通信用送信装置を完成
1962
(昭和37)
  • 日本、貿易自由化
  • 八幡製鉄戸畑製造所に世界一の溶鉱炉完成
  • 国産旅客機YS-11初飛行
  • 電球に使われていた東京電気以来の「マツダ」ブランドを廃止し(標準電球除く)「東芝ランプ」に統一
1961
(昭和36)
  • 農業基本法公布
  • キャノン、キャノネット発売(自動露出カメラの普及はじまる)
  • 呉羽化学「クレラップ」発売、8月には旭化成「サランラップ」も発売
  • トヨタが大衆車「パブリカ」発売
  • 国内線ジェット旅客機の就航(日航、東京-札幌、コンベア880)
  • 生理用品「アンネナプキン」発売
1960
(昭和35)
  • 日米新安全保障条約調印
  • ソニー、世界最初のトランジスターテレビ発売
  • 東京芝浦電気、わが国初のカラーテレビ「17WG」を発売
  • カラーテレビ本放送開始
1959
(昭和34)
  • キューバ革命
  • 皇太子の結婚パレード
  • 日産、「ダットサンブルーバード」発売。マイカー時代はじまる
  • 大和ハウス、プレハブ住宅の第1号「ミゼットハウス」を発売
  • 東京-大阪間コンテナ特急貨物列車運転開始
  • 最低賃金法公布
  • わが国初のトランジスタ式テレビを完成、電子レンジを開発
1958
(昭和33)
  • EEC(欧州経済共同体、のちのEC現在EU)発足
  • 日本電気トランジスタ式電子計算機 NEAC-2201を完成
  • 新特急こだま号運転開始
  • 東京タワー完工(333m、当時世界一)
  • image005
1957
(昭和32)
  • ソ連人工衛星1号打上げ
  • 東洋工業、ロータリーエンジン搭載のコスモスポーツ販売
  • 東海村原子力研究所第1号実験炉臨界達成、わが国初の「原子の火」灯る
  • 南極観測用オーロラレーダおよび散乱現象観測用レーダを完成
1956
(昭和31)
  • 日本、国際連合に加盟
  • 原子力委員会発足
  • 科学技術庁発足
  • 気象庁発足
  • 経済白書「もはや戦後ではない」と技術革新による発展を強調
  • 経済同友会「経営者の社会的責任の自覚と実践」を決議
1955
(昭和30)
  • 日本、ガットに正式加盟
  • トヨタ自動車、トヨペットクラウンを発売
  • 東京通信工業(ソニー)、初のトランジスターラジオを発売
  • 「婦人の参政権に関する条約」批准
  • わが国初の自動式電気釜を発売
1954
(昭和29)
  • マリリン・モンロー来日
  • 第5福竜丸、ビキニの米水爆実験でで被災
  • 自衛隊発足
  • 関門国道トンネル貫通式
1953
(昭和28)
  • NHKテレビ放送開始
  • 朝鮮休戦協定調印
  • NHK、東京地区でテレビの本放送開始
  • 国際電信電話会社KDD設立
  • 日本テレビ、民放初の本放送開始
  • わが国最大の72,500KVAかさ形水車発電機を製作
1952
(昭和27)
  • 日本、IMFに加入
  • 本田技研工業、エンジン付き自転車を発売
  • 日本電信電話公社(電電公社)発足
  • 早川電機(現シャープ)、12型、14型、17型の白黒テレビ3種の生産を開始
  • わが国初のテレビ放送機およびテレビ中継マイクロウェーブ装置を完成
1951
(昭和26)
  • サンフランシスコ講和条約調印(1952年発効)
  • 日米安全保障条約調印
  • 雑誌『少年』に手塚治虫作「アトム大使」(鉄腕アトムの前身)連載開始
  • 朝日新聞朝刊に「サザエさん」掲載開始
  • 9電力会社が設立
  • デミング賞第1回授賞式
  • 「児童憲章」制定
1950
(昭和25)
  • 朝鮮戦争
  • JIS表示制度実施
  • 東京通信工業(ソニー)、日本初のテープレコーダー(G型)を発売
  • NHK東京テレビジョン実験局、定期実験放送開始
  • 武田薬品「パンビタン」発売。総合ビタミン剤の普及のはじめ
  • 生活保護法公布
  • 過度経済力集中排除法の適用を受け、網干工場が西芝電機として分離独立
1949
(昭和24)
  • 中華人民共和国成立
  • 湯川秀樹、日本人初のノーベル賞受賞
  • 塩化ビニールの生産開始
  • 湯川秀樹、中間子論でノーベル物理学賞受賞
  • 身体障害者福祉法公布
  • わが国初の1,500A―1,000kW単極水銀整流器を完成
1948
(昭和23)
  • 帝銀事件
  • 美空ひばり(11歳)、横浜国際劇場でデビュー
  • 昭和電工疑獄事件
  • 東京裁判
  • 生活協同組合法公布
  • 国連総会で「世界人権宣言」採択
1947
(昭和22)
  • 過度経済力集中排除法施行
  • 小松国産第1号ブルドーザー完成
  • トヨタ自動車、トヨペットSA型乗用車発売
  • 日産、乗用車「ダットサン」発売
  • 労働基準法公布
  • 児童福祉法公布
1946
(昭和21)
  • 持株会社整理委員会令公布
  • 日本国憲法制定(1947年施行)
  • 労働関係調整法公布
1945
(昭和20)
  • ドイツ無条件降伏
  • 日本無条件降伏
  • 第2次世界大戦終結
  • 国際連合成立
  • 労働組合法公布
1943
(昭和18)
  • 日本軍、ガダルカナル島の撤退開始
  • 学徒動員
1942
(昭和17)
  • わが国初のレーダ完成
1941
(昭和16)
  • 太平洋戦争開始
  • 関門海底トンネル開通(3614m)
1940
(昭和15)
  • 日独伊三国同盟成る
  • 大政翼賛会成る
  • わが国初の蛍光ランプを製作
1939
(昭和14)
  • 第2次世界大戦勃発
  • 重電メーカーの芝浦製作所と弱電メーカーの東京電気が合併し、東京芝浦電気として発足
1938
(昭和13)
  • 国家総動員法公布
1937
(昭和12)
  • 日中戦争
1936
(昭和11)
  • 2.26 事件
  • NHK向けとしてわが国初の150kW大電力放送機を完成
1935
(昭和10)
  • 美濃部達吉「天皇機関説」
1934
(昭和9)
  • ベーブ・ルース来日
  • 日米間無線電話開通
1933
(昭和8)
  • 日本、国際連盟脱退
  • 丹那トンネル開通(7804m)
1932
(昭和7)
  • 5.15 事件
  • 上海事変
1931
(昭和6)
  • 満州事変
  • わが国初の電気掃除機を発売
1930
(昭和5)
  • ロンドン海軍軍縮条約調印
  • 東京大阪間伝送写真開始
  • 東京・神戸間つばめ号運転開始(平均時速67.4㎞)
  • わが国初の電気洗濯機および電気冷蔵庫を完成、発表
1929
(昭和4)
  • 世界恐慌始まる
1928
(昭和3)
  • 普選による初の衆院選
1927
(昭和2)
  • 金融恐慌
  • 日本初の地下鉄(浅草-上野間約2.2㎞)開通
1926
(昭和元)
  • 大正天皇崩御、昭和と改元
  • 東京・大阪・名古屋の3放送局、合同して日本放送協会(NHK)を設立
1925
(大正14)
  • ラジオ放送開始。普通選挙法公布。治安維持法公布
  • ラジオ放送開始
1924
(大正13)
  • わが国初のラジオ受信機を製造発売
1923
(大正12)
  • 関東大震災
1922
(大正11)
  • ソビエト連邦成立
1921
(大正10)
  • 電球の6大発明の1つである「二重コイル電球」を発明
1920
(大正9)
  • 国際連盟発足
1919
(大正8)
  • わが国初のラジオ用送信管を完成
1918
(大正7)
  • 第1次世界大戦終結
1917
(大正6)
  • ロシア革命
  • 理化学研究所設立
1915
(大正4)
  • 対華21カ条要求
  • 杉本京太、邦文タイプライター発明
  • わが国初のX線管の製造に成功
1914
(大正3)
  • 第1次世界大戦勃発
  • 日本、対独宣戦布告
1912
(大正元)
  • 明治天皇崩御、大正と改元
1911
(明治44)
  • 日米修交通商条約(関税自主権の確立)
  • 野口英世、梅毒スピロヘータ純粋培養の研究発表
1910
(明治43)
  • 大逆事件
  • 韓国併合
1905
(明治38)
  • 日本海海戦
  • 日露講和条約(ポーツマス条約)調印
1904
(明治37)
  • 日露戦争
1902
(明治35)
  • 日英同盟締結
1901
(明治34)
  • 八幡製鉄所操業開始
1900
(明治33)
  • 治安警察法発布
1899
(明治32)
  • 東京白熱電燈球製造株式会社が「東京電気株式会社」に社名変更
1897
(明治30)
  • 貨幣法公布(金本位制の確立)
  • 豊田佐吉、自動織機を発明
  • 労働組合期成会結成
1896
(明治29)
  • 合資会社白熱舎が「東京白熱電燈球製造株式会社」に社名変更
1895
(明治28)
  • 日清講和条約調印
  • 三国干渉
  • 初めての市街電車(京都)
  • わが国初の誘導電動機(モータ)を製作
1894
(明治27)
  • 日清戦争
  • 堀井新次郎、謄写版を発明
  • わが国初の水車発電機(60kW)を製作
  • わが国初の扇風機を完成
1893
(明治26)
  • 米国で金融恐慌
  • 三井財閥より藤山雷太を招聘し、田中製作所から「芝浦製作所」として再スタート
1891
(明治24)
  • 度量衡法公布
  • 水力電気事業起こる(京都疎水で発電)
1890
(明治23)
  • 第1回衆議院議員選挙
  • 第1回帝国議会開会
  • 商法、教育勅語発布
  • 北里柴三郎、破傷風血清療法を発見
  • 藤岡市助、三吉正一が東京・京橋に「合資会社白熱舎」を創設。日本で最初の一般白熱電球(炭素電球)の生産を開始する
1889
(明治22)
  • 大日本帝国憲法発布
  • 東海道本線全通
1888
(明治21)
  • 市制・町村制公布
1887
(明治20)
  • 所得税法公布
  • 東京電灯会社が営業用として初めて鹿鳴館に白熱電灯を灯す
1886
(明治19)
1885
(明治18)
  • 内閣制度制定。伊藤博文が初代首相に就任
  • 専売特許条例公布
1882
(明治15)
  • 大隈重信、立憲改進党結成
  • 日本銀行設立
  • 東京銀座にアーク灯
  • 田中大吉(後の2代目田中久重)が東京・芝浦に「田中製造所」を設立
1881
(明治14)
  • 板垣退助、自由党結成
1878
(明治11)
  • 大久保利通暗殺
1877
(明治10)
  • 西南戦争
1875
(明治8)
  • ロシアと千島・樺太の交換
  • 東京(中央)気象台設置
  • 初代田中久重が東京・新橋に電信機工場を創設
1874
(明治7)
  • 板垣が民選議員設立建白書を政府に提出(自由民権運動の広がり)
1873
(明治6)
  • 地租改正
1872
(明治5)
  • 学制を定め、全国に小学校をつくる(義務教育の開始)
  • 東京-大阪間電信開通
  • 新橋・横浜間鉄道開通
1871
(明治4)
  • 廃藩置県
  • 岩倉具視ら欧米派遺
  • 郵便制度ができる
  • えた・非人の称を廃止(解放令)
1870
(明治3)
  • 樺太開拓使設置
  • 工部省設置
  • 平民の苗字を許す
1869
(明治2)
  • 版籍奉還、東京遷都
  • 四民平等とし、華族・士族・平民の制を設ける
  • 東京・横浜間電信開通
1868
(明治元)
  • 明治維新